和式トイレから洋式トイレにリフォーム|安いリフォームはココ

和式トイレから洋式トイレにリフォーム|安いリフォームはココ

和式トイレから洋式トイレにリフォームするには

リフォーム安い

 

費用をできる限り抑えて悪徳業者にあたらないリフォーム会社を選びたい方はこちら

無料で見積金額を比較できます!

>>無料見積りで比較してみる<<

複数業者と比較すれば最大50%安くなるんです。

自宅のトイレが和式という人は、洋式のトイレへのリフォームを検討しているのではないでしょうか?

 

和式のトイレは使い慣れていない人からすればとても不便なものです。洋式の方が良いという人も多いでしょう。洋式に変えたいと思ったらリフォームの必要がありますが、リフォームとなるとどれくらいかかるのか気になりますよね。

 

リフォームをするうえでどのリフォーム会社を選ぶのかを調査してみました。

リフォーム会社を選ぶ基準

リフォームを行ったことのある方へのアンケート結果 弊社調べ:アンケート調査実施期間(2018年7月20〜8月1日40名

半数の方は費用を気にしていてなるべく安いリフォーム費用を希望しています。

 

では、和式トイレから洋式トイレにリフォームする費用はいったいどのくらいでしょうか?

 

和式から洋式にする場合のリフォーム費用の相場

25〜50万円の範囲内です。

 

しかしこれはあくまで相場です。
これ以下の費用で済むケースは稀ですが、50万を超えるリフォームは珍しくありません。

 

元々タイルなのか、段差はあるのか、広さは、、、などトイレの状態によって様々です。
また、新しいトイレのメーカーやモデル、製品グレードもピンキリです。

 

大体、洋式トイレの便器、洗浄便座の交換で15〜20万円はかかります。

 

タイルをはがす工事も結構大変なので、それも含めると40万円くらいする場合もあります。

 

和式から洋式に変えるとなったら、床の工事から時には壁の工事まで必要です。

 

そしてトイレ本体にも費用がかかりますし、もしそれが温水便座だとしたら新たにコンセントを新設する必要もあります。
元々コンセントが設置してある場合は費用が浮きますが、ない場合はそれにも費用が掛かると思っておきましょう。

 

費用が高くなると聞くとリフォームも躊躇してしまいますよね。しかしトイレは毎日使う物なので、家族全員が便利に使えるようにリフォームすることをおすすめします。

 

リフォームをするにはまずはどんなトイレが良いかを決め、ショールームに実物を見に行ってからリフォーム業者に依頼することになります。ショールームに見学に行けば手順について教えてくれますので、リフォームを決めたら話を聞きに行ってみましょう。

トイレリフォームの施工日数はどれくらい?

トイレは毎日使うところですので、どのくらいリフォームの日数がかかるか知りたいですよね。
一般的には半日から1日でリフォームは終わります。
古いトイレや今回のような和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合は、1日で終わることもありますが、2日ほどかかることもあります。
広さや水回りなどのご自宅の状況によって若干変わってきますので、これはあくまでも目安としてお考え下さい。

和式トイレから洋式トイレにするリフォーム業者探しならこちら

和式トイレから洋式トイレを検討する場合、リフォーム業者を探すなら近くのショールームなどに足を運ぶのもいいでしょう。
そこで営業担当の人に説明を受け、見積もりをもらっていくらになるのか見てみるのがオーソドックスです。

 

しかし、なるべく費用を抑えたいですよね。
リフォーム費用を抑えるには、新しいトイレの価格を下げる、リフォームの工事費用を下げなければいけません。

 

依頼先によって大きく変動するのがリフォームの値段です。

 

そのためには数多くのリフォーム業者から見積りをもらい、どこが安いのか比較することが重要です。

 

1社のみにしてして相場が分からず、費用をやたらと高額請求されるのも心配ですよね。
ちなみにメーカーショウルームの見積はトイレ本体は定価でしか出しません。メーカーで見積すれば安くなると思われがちですが、メーカーは本体部品を売るのが仕事です。
そこでおすすめなのがトイレリフォームの一括見積サイトです。

 

 

リフォームの場合、適正な価格やプランの善し悪しは、複数社の案を見比べてることで色々分かってきます。

 

なので複数社からリフォームの見積もりをとり、比較検討してから依頼先を決めるようにしましょう。

 

そこでおすすめなのがここで紹介するリフォーム一括見積サイトです。
複数社の比較検討が一度の入力で効率的にでき、信頼性も高いので近年利用者が増えています。

 

パソコンから希望の箇所、予算などを入力すると、要望に合った会社を複数紹介してくれます。

 

見積りが出たあとは価格や内訳、プラン、担当者の対応などを比べ、最終的な依頼先を決めます。

 

複数社を比べて一番納得できる1社を選ぶ方法べば満足のいくリフォームにもつながります。

 

リフォーム一括見積サイトでは、厳しい審査基準をクリアした地元の優良会社のみを紹介してくれます。

 

和式トイレから洋式トイレにリフォームを検討している方は一度一括比較サイトを利用してみましょう。

 

 

費用をできる限り抑えて悪徳業者にあたらないリフォーム会社を選びたい方はこちら

無料で見積金額を比較できます!

>>無料見積りで比較してみる<<

複数業者と比較すれば最大50%安くなるんです。

洋式トイレへのリフォーム費用内訳

 

洋式トイレのリフォームを考えている人が一番気になるのがリフォームにかかる費用ではないでしょうか?
リフォーム費用は既存のトイレの状態やどんなトイレの方を選ぶかによっても異なります。
和式から洋式トイレにリフォームする場合は高額になります。
和式トイレの解体作業や洋式トイレの費用、そして工事費用が必要になるので、50万以上かかると思っておきましょう。
洋式トイレから洋式トイレへのリフォームの場合は洋式トイレの費用や工事費用で20〜50万円程の費用がかかります。
グレードの高いトイレを選択すればその分費用も高くなりますので、予算に応じてトイレを選びましょう。
最も費用が安く済むのが便座、便器のみの交換、トイレにてすりをつけるなどのリフォームです。
これらの作業であれば便座や手すりの費用に加えてリフォーム費用となるので、20万円以下でリフォームできると言われています。
費用はどんなリフォームをするかによって大きく変わります。
和式から洋式に変えたい場合が最も高額となりますが、和式から洋式に変える事でのメリットは非常に大きいものです。
特に高齢者がいる家庭には洋式トイレが必需品ともいえるので、多少費用が高くなったとしても後悔のないようリフォームしましょう。

和式トイレから洋式トイレのリフォームで費用をおさえるポイント

 

 

現在和式トイレを使用しており、そろそろ洋式トイレに変更したい…と考えていませんか?
和式トイレは体に大きな負担がかかるので、できることなら洋式トイレへと変更しておきたいですよね。
和式トイレから洋式トイレへとリフォームするには高い費用が必要になります。
これは和式トイレを取り壊し、さらに洋式トイレを設置することからリフォームに時間と労力を要するからです。
50万円以上の費用が必要となりますので、しっかりお金を溜めてからリフォームしたいですね。
あまりお金に余裕はないけど、できるだけ早めにリフォームしたい場合はリフォーム会社を選ぶことが何よりも大切。
リフォーム会社はいくつもあるので、予算の範囲内でリフォームしてくれる会社を選びましょう。
複数の会社から見積もりをもらうことで最も安くリフォームしてくれる会社を選ぶことができますので、見積もりは複数の会社からもらってくださいね。
また洋式トイレは種類がいくつもあり、それによって費用も変わります。
費用を抑えたいのであれば、高望みせず、高すぎるトイレは止めて予算の範囲内のトイレを選ぶと良いですね。
トイレの費用をなるべく抑える事、そして複数のリフォーム会社から見積もりをもらうことが費用を抑えるポイントです。

 

 

和式トイレを洋式き替えるリフォームの流れ

 

和式トイレから洋式トイレにリフォームしたいと考える人も多いと思います。
和式トイレはかがんで使用するため、足や腰に大きく負担がかかるのがデメリットの一つ。
掃除はしやすいですが、毎日使うことを考えるとデメリットの方が大きいと言えます。
洋式トイレは和式に比べて掃除がしにくいですが、今は汚れにくい仕様のトイレなども販売されています。
また座って使用できることから足や腰への負担を大きく減らすことができるのも大きなメリットの一つです。
和式トイレから洋式トイレにリフォームするには数日を要するケースが多いようです。
まずは和式トイレを取り外します。
段差があるタイプの和式タイプであれば、段差部分も壊していくので時間がかかります。
壊した後はコンクリートなどで平らに補修していきます。
その後洋式トイレを設置して、床・壁などの補修を行って終了という流れです。
トイレの付け替えだけであれば2〜3日程度で終了しますが、段差をなくして床を平面にするなどの作業がはいるとそれ以上の日数が必要になることもあります。
既存のトイレの状態によっても日数や費用が左右されるので、現地調査に来てもらった時に日数についてもよく確認しておきましょう。

 

トイレリフォームをやった方の体験談

これまでに自宅のトイレリフォームを行った人の体験談をまとめました。
今後のリフォームの参考にしてください。

 

女性 30代 トイレ約63万円
壁紙や床なども総取っ替えしたのですが、材質や柄など丁寧に相談に乗って下さり、何度も変更に応じて下さったのは良かったです。

女性 50代 トイレ約11万円
割引キャンペーン終了直後だったが、同額の割引を適用してくれた。
見積もりも早く、予定通りの時間にちゃんときてくれた。見積書の内容も分かりやすく、工事に来た人の作業、言葉遣いも丁寧だった。

女性 30代 トイレ15万円
リフォーム会社の営業の方は可もなく不可もなくといった感じでしたが、見積りは明解でした。
作業してくれた業者の方(下請けの方)はとても丁寧で、綺麗に仕上げて下さいました。

男性 60代〜 トイレ50万円
良かった点は、担当してもらった女性の営業スタッフさんがトイレの仕様の利便性や掃除のしやすさ、コンパクトサイズの手洗いなど女性ならではの目線でアドバイスしてもらったことや2日程度の短い工期でしたが、こまめに進捗状況や工事内容を確認してもらえたことです。
特には、これといった悪かった点は無かったですが打ち合わせの時に実際の商品を確認せずカタログで仕様の説明を受けたことです。 

女性 40代 トイレ18万円
以前より、和式のトイレにお尻が冷えて困ると祖母から言われ続けていましたが、毎年春になると来年にはと言ってまた寒い冬を我慢して過ごしていましたが、ようやく水の流れが悪くなったのを期に、洋式トイレにリフォームすることになりました。祖母にはずっと和式のトイレで我慢してもらったので、両親と話し合い高価な便座に決めました。スタッフの対応もよく、工期は一日で終えてあっという間にリフォームが完了しました。

男性 30代 トイレ、キッチン、お風呂 計200万円
リフォーム前の段階で最低限かかる費用の説明と希望を叶えるのにどれくらい必要かの説明をきちっとしてくれたので、費用的な不満は全くありません。また出来上がりにもとても満足しています。

男性 30代 トイレ、トイレの壁紙20万円
良かった点は職人さんの対応が、説明から施工までとても丁寧でした。荷物の搬出入も丁寧に養生をして交換工事を進めていたため安心して見ていられました。仕上がりにも満足しており、悪かった点は特にありません。

男性 50代 トイレ(くみ取り式から水洗式へ) 50万円
リフォーム会社は、東日本大震災以降工事が継続する中で、儲けが少ない小さなリフォーム工事でした。
施工するまでの準備期間は長かった気がしますが、施工時期を決めた後は、こちらが使いたい時期前にきちんと完成したのが良かった。
悪かった点は、総合リフォーム店ではなかったため、水回りリフォーム以外のリフォーム箇所についての関心は低かったのが残念だった。

 

 

一軒家とマンションのトイレフォームの違い

 

 

トイレのリフォームをしたいという場合、一軒家とマンションによって何か違うの?と気になる人も多いのではないでしょうか?
一軒家とマンションの違いはリフォーム出来る範囲の違いです。
マンションはトイレの敷地が限られていますし、その範囲内でリフォームを済ませなければなりません。
できない内容のリフォームもありますので、リフォーム内容に限りがあるのですね。
またマンションは賃貸の場合はより出来る範囲が限られます。
不動産業者に聞かなければリフォーム自体出来ない可能性がありますので、リフォームをしたいと思ったらまずは不動産業者にトイレのリフォームをしていいかを確認してください。
黙ってしてしまうと違約金などが発生する恐れもあるので注意してくださいね。
一軒家は特にマンションのような制限はありませんし、持ち家であれば制限なくリフォームが可能です。
トイレを広くしたいのであればスペースの拡大をすることもできますし、便器の交換だってもちろん可能です。
洗面台の新規取り付けなどもできますので、自分の好みのように色々と出来るわけです。
マンションはできることに限りがあるので不便さを感じるかもしれませんが、リフォームできないわけではないので、出来る範囲でリフォームをしてみましょう。

 

トイレリフォームの工事期間

 

トイレは今は色々な機能がついています。
ウォシュレットが当たり前になっていますし、ウォシュレットの他にも便座が温かくなる仕様のものなどたくさんのものがあります。
TOTOやINAXの商品などよくありますよね。
またトイレもデザインが色々とありますので、トイレもリフォームをしようと思えば色々とできるのです。
トイレの中に洗面台をプラスすることもできますし、トイレの中の壁紙を張り替えることもできます。
トイレのリフォームはトイレのみだけでなく、色々な部分を変えることができますので、毎日一度は必ず入る場所を過ごしやすい空間へとしておきましょう。

 

トイレのリフォームはどんな作業をするのかによりますが、大体半日〜1日ほどで終わると言われています。
しかしトイレに新しく洗面台を新設するなどの場合はさらに日数がかかります。
トイレの便器交換や壁紙の貼り替えなどであれば1日以内に終わるので、リフォームに要する期間も非常に少なく済みますよ。
リフォームに関する工事期間に関してはリフォーム業者が現地調査をしてから教えてくれます。
目安は半日〜1日となっていますが、内容によってはそれ以上かかることもありますので、まずは現地調査をしてもらって日数を調べてもらいましょう。
納得できるリフォーム会社に依頼してくださいね。

和式から洋式トイレにリフォームするには一括サイトで見積もりを取るのが得策

 

リショップナビ

 

リフォームを考えている人はネットでリフォーム業者のサイトを色々とみていると思います。その中にリショップナビというサイトはあります。
リショップナビはリフォーム業者のサイトというわけではありません。
リショップナビには数多くのリフォーム業者が登録しており、サイトを利用することで業者を紹介してもらえるサイトです。
以下のような事例があります。

和式トイレから洋式トイレにリフォーム|安いリフォームはココ

和式トイレから洋式トイレにリフォーム|安いリフォームはココ

和式トイレから洋式トイレにリフォーム|安いリフォームはココ

 

このリショップナビのメリットは、悪質な業者に引っかかることなく最適な業者を紹介してもらえる点でしょう。
リショップナビには数多くの業者が登録していますが、全て厳しい審査基準をクリアして登録された業者です。

 

ですので悪質な業者はまず審査に落ちてしまうでしょう。

 

そしてその優良な業者を紹介してもらい、何となく自分の希望とは合わないと思ったら再度業者を紹介してもらうこともできます。
自分が納得いくまで相談できるので、この点もメリットの一つと言えます。

 

トレイリフォームの流れ

また複数の業者の見積もりを一度で取ってもらうこともできますので、一つ一つの業者にお願いする手間も省けます。

 

でも、個人情報を入力するから迷惑電話がかかってきたりして困るんじゃないの??

 

って思いますよね。
リショップナビは、リフォーム会社から営業電話がかかってくる前に、リショップナビから電話がかかってきて、まずはヒアリングからはじまります。
そのうえで、あなたのリフォームの要望にあったリフォーム会社を紹介する、というシステムをとっているので、むやみやたらに迷惑電話はかかってこないので安心して利用できるサービスとなっています。

 

 

一つのサイトでリフォーム業者を決めることができるのでとても便利が良いですよね。

 

見積りは無料ですし、どのくらいの費用でできるのか分かりますので、とりあえず申し込んでおいた方がお得です。
リフォームがまだ検討段階でもメリットは多ので、とりあえずリショップナビを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

トイレリフォーム一括見積サイトの利用手順

ここではリショップナビの利用方法について紹介しますね。
まず公式サイトの一番下部「一括も積もり開始」ボタンを押します。

リフォーム申込み手順

↑まず公式ページから見積りを開始します。

矢印

リフォーム申込み手順

↑名前、電話番号、メールアドレス、年齢を入力します。

矢印

リフォーム申込み手順

↑リフォームする物件の住所を入力します。

矢印

リフォーム申込み手順

↑リフォームの要望内容を記入します。

※もし電話がかかってきてイヤであれば、電話がOKな時間帯を書いてください。その営業時間内でその時間帯にある程度対応してくれます。

内容がOKなら「利用規約に同意して確認画面へ」をクリックします。

矢印

 

リフォーム申込み手順

↑青い「一括見積もり依頼を送信する」を押して完了です!

矢印

リフォーム申込み手順

矢印

↓そうするとスマホに通知がきます。ここまでで申込み完了です。

リフォーム申込み手順

↑後ほどリショップナビから電話がかかってきますので、ご自宅の現状からどのようにリフォームをしたいかなどご相談してみてくださいね。

 

 

 

↓リフォーム費用を安くしたい方はコチラ↓

リフォーム会社を選ぶ基準

 

トップへ戻る